リウマチの原因を知りましょう

リウマチの痛みはボルタレンで和らげる

リウマチは痛みに難渋する疾患であるため、痛みに対する治療は大変重要な要素になります。
そのリウマチによる痛みを和らげる治療薬のひとつとしてボルタレンがあります。
ボルタレンはジクロフェナクナトリウムを成分とした非ステロイド性消炎鎮痛剤のひとつで発熱時の解熱や痛み止めとして使用されることの多い薬です。

ボルタレンは解熱や痛み止めの治療薬として強力な作用と即効性を特徴としています。
ボルタレンは病院で処方されるお薬ですが、病院に通院することが面倒であれば、個人輸入サイトから通販することが可能となっています。
面倒な方は痛みに効くボルタレンを通販してみるとよいかもしれません。
その痛みに対する効果についてですが、リウマチの痛みをもたらす原因のひとつとなっている因子である発痛物質のプロスタグランジンの放出を抑制することにあります。
より具体的には、プロスタグランジンは身体にある痛みを感じとる受容体というセンサーを刺激してその信号が中枢神経に伝わって痛みが認識されることになります。
このプロスタグランジンを作り出す材料としてシクロオキシゲナーゼという物質が関係しています。
ボルタレンはこのシクロオキシゲナーゼという物質をブロックする作用があります。
するとプロスタグランジンが作られにくくなるため、結果としてプロスタグランジンの放出が抑制されて痛みが和らぐということになります。
なおボルタレンは服用後30分程度で効果が現れてその効果の持続時間はおおよそ4~6時間であるとされています。

このようにボルタレンはリウマチの痛み止めとしても強力な効果を発揮する薬ですが、強力であるが故に場合によっては副作用が生じることがあります。
例えば胃腸などの消化管への副作用があります。
プロスタグランジンは発痛物質である反面、粘膜保護の役割をする物質でもあります。
ボルタレンの成分がプロスタグランジンを抑制することで粘膜保護作用が低下して胃腸などの消化管が荒れて症状が現れる場合があります。
その他にも貧血やアナフィラキシーショックなどの副作用が生じる場合があるため長期にわたって使用するような場合には注意が必要なことがあります。

ボルタレンには様々な剤形があります

リウマチの痛みを和らげる痛み止めの薬としても使用されるボルタレンは成分であるジクロフェナクナトリウムを含む非ステロイド性消炎鎮痛剤であるという点においては同じです。
しかし、その剤形には飲み薬、座薬、湿布薬、ゲルやローションといったさまざまな種類があり、またそれぞれに特徴と適応疾患などにも少し違いがあります。
以下にこれら剤形の種類について具体的に挙げます。

まず飲み薬として服用するものとしては錠剤およびカプセルのタイプがあります。
いずれも飲み薬として服用するタイプのものになりますが、適応疾患などが少し異なります。
錠剤タイプは生理痛や歯痛、風邪などによる発熱に対する解熱目的として、またリウマチの消炎鎮痛にも使用します。
一方、カプセルタイプは腰痛や肩こり、膝の痛みなどの慢性的な痛みに使用します。
双方において最も異なる特徴はカプセルタイプは錠剤タイプに比べてゆっくり作用して効果の持続時間も長いということが挙げられます。

次に座薬として使用するタイプがあります。
これは強い痛みがある場合においてより強力に作用するという特徴があります。
また薬の効果が現れる時間としても飲み薬のタイプに比べて30分よりも速く鎮痛効果が現れる傾向がある、すなわち優れた即効性を特徴としています。
このことから例えばリウマチの消炎鎮痛目的で使用する場合にも強力な効果を発揮することになります。

上記のほかには湿布薬およびローションのタイプがあります。
これらは貼り薬と塗り薬という違いはありますが、いずれも飲み薬や座薬と異なり経皮的、つまり皮膚から薬の成分が浸透して作用する特徴があります。
腱鞘炎や筋肉痛などに対する消炎鎮痛目的で使用される頻度の高いタイプであるといえます。