リウマチの原因を知りましょう

リウマチの治療に温泉が効果的?

リウマチを患い悩んでいる人にとって、効果的な治療法は何でも試してみたいと思うものです。
それは関節の痛みや骨の変形によって思うように身体を動かせず、生活に支障をきたすからです。

病院での適正な治療を施していてもリウマチの症状には個人差があり、痛みの緩和にこれといった絶対的な方法を見つけるのは難しいです。
それ故にリウマチを患う人は、自分自身でその緩和策を探ります。
その中で比較的多くの人が利用しているのが温泉です。

温泉を利用して病気の回復を促す湯治は、昔からある温泉治療の文化でもあります。
実際にリウマチの症状には温泉の温熱効果が期待出来るとされ多くの人が訪れます。
温泉の成分や熱に加え、お湯に浸かるという環境が身体にとても良い影響を与える事は誰もが知るところです。

実際にリウマチに対してどのような温熱効果があるのかというと、お湯に浸かり身体を十分に温める事が出来るため、筋肉の弛緩や血液の循環を正します。
血流がスムーズになると慢性的なリウマチの痛みを和らげ、炎症による老廃物の排出機能を促します。

二酸化炭素や硫化水素などの泉質は血管拡張作用を持ち、硫黄やアルミニウムに食塩や石膏成分、そして微量の放射線の温熱効果が痛みの緩和に効果的とされています。

温泉の浮力によって身体の関節に対する負担の軽減と、お湯に浸かる事で感じる水圧効果で筋肉に刺激を与えます。
この状態は身体をリラックスさせ自律神経に良い影響を与えます。
リウマチの痛みなどで常に緊張感を持ちがちな人の交感神経を落ち着かせ、副交感神経を優位に立たせる事で心も身体もゆったりとさせます。

これらの効果がある温泉は、入り方にも気を遣うとさらに効果的です。
早朝や遅い時間は避けるようにします。
これは自律神経への影響や身体への負担が大きくなるのが理由です。

温度にも注意が必要で、40度前後でゆったりと入るようにします。
熱すぎるお湯は逆効果になります。
特に炎症が強い場合などは患部への負担が大きくなるため、気をつける必要があります。
リウマチを発症したばかりの急性期なども、炎症の度合いが大きいため控えた方が良いでしょう。

どこの温泉がリウマチ治療に良い?

温泉の温熱効果と浮力を利用した水中歩行などは、リウマチやその他の整形外科的な疾患を患う人にはオススメな方法です。
実際に温泉地域にあるリハビリ施設などでは積極的に活用しているほどです。
適度な温度のお湯に身を委ね、浮力によって地上での運動よりも楽に関節を動かせる利点は積極的に利用すべきものでしょう。

実際にリウマチの痛みの緩和を見込める温泉は全国にあります。
北海道にある含ホウ酸重曹食塩泉のウトロ温泉は、無色透明のお湯が炎症や痛みに効果的とされ刺激の少ない成分によって肌にも優しいです。
登別温泉は誰もが知る乳白色で硫黄が特徴な温泉ですが、他にも食塩泉を泉質とする所は高い保湿効果からリウマチや腰痛に適切です。

秋田県の湯瀬温泉は群馬の川湯、和歌山の竜神と並ぶ日本三大美人湯の一つです。
女性にとって嬉しい美肌だけでなく婦人病に不妊症にも効果的とされ、その他にも糖尿病や皮膚病に筋肉痛に神経痛にもオススメです。
もちろんリウマチも例に漏れずです。

群馬県の草津温泉は万病に効くと言われる名湯であり弱性低張性高温泉が基本です。
所によっては硫黄泉も出ており皮膚病などに効果的と言われてきましたが、さらにリウマチや喘息に高血圧にも良い事が分かってきています。

岐阜県の下呂温泉はお湯が滑らかな単純アルカリ性温泉で、リウマチに運動障害や神経麻痺などに良いとされています。
他にも兵庫県の有馬温泉の鉄塩化物泉や放射能泉に炭酸水素塩泉も保湿効果が高いです。
山口県の錦帯橋温泉の単純弱放射能冷鉱泉や、大分県のアルカリ性単純泉である由布院などもリウマチには最適な温泉であり、その環境もリラックスするにはベストです。

リウマチを患う人にとって医療機関での治療はとても大切ですが、痛みの緩和を目指し環境の変化を求める事も必要です。
温泉の温熱効果や血管拡張効果などと共にリラックス効果を得る事は、病気に疲れがちな人の心と身体を休ませる非常に大きな意味合いもあります。